都市伝説 OKYO 202

投稿者: | 2021年6月5日

  Google で東京オリンピックを検索すると、画像で「OKYO 202」と出て来る。都市伝説風に考えると、これは「お経 202」を表しているのではないか。「OKYO」はお坊さんのあげるお経だとして、202はいったい何なのか。

説1 202人

 もっともらしいが、実際どこを数えるのか分からない。

これではなんなので、ググったりペディったりすると、

説2 上皇あるいは天皇

 上皇は202年ぶりの譲位だったらしく、その上皇あるいは譲られた天皇を表すのかも知れない。万一オリンピックと同時に何か起きるとだいぶつらい。SDGsの世の中で持続可能性の低いシステムを続けるのは如何なものかと思う。とは言え神道なので「お経」は違うだろと言う突っ込みが。

説3 7月21日

 7月21日が、1月1日から数えて202日目になるらしい。開会2日前のこの日に何かが起こってしまうのか!?

 災害が起こると考えるのはノストラダムスの大予言みたいで芸がないのだが、近年多発していた災害が去年はなぜかほぼ無く、今年は多発路線に戻ってしまうのかどうかが気になる。これ以上多発になると、いろんなことが日本でやらない方が良いと言われるレベルになってしまうような気がするので。新幹線が水に沈んじゃうとか衝撃的で象徴的だったし。

 私はこれぐらいしか見つけられなかったが、「202」ならその他にもいろんなこじつけ(笑)が考えられるのではないかと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です