「甘受」はしていない

投稿者: | 2019年2月8日

『 安倍晋三首相は衆院予算委員会で、北方領土を巡るロシアとの交渉について4島返還から後退したのかとの指摘に「いかに静かな交渉ができるかにかかっている。批判を甘受しても交渉を進める努力を重ねたい」と述べた。 』

辞書では、 『 甘受[名](スル)やむをえないものとしてあまんじて受け入れること。「苦言を甘受する」 』

4島返還から後退するなと言う批判についてはあくまで受け入れずに、交渉を進めることを優先するとのことなので、「甘受」はしていない。批判を「ごもっとも」と受けても改めないのならば「甘受」とは言えないのではないかと思います。

「批判はごもっともではありますが、交渉を進める…」なら良いのではないかと思います。安倍首相は安易に言葉を過剰に修飾しがちで、一国の首相の発言は日本全体に影響しかねないため、日本語がおかしくなる危険があるので、普通のシンプルで美しい日本語を使うように気を付けて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です