簡単な善悪の判断がつかない頭の悪い官僚は辞任すべき

投稿者: | 2021年2月28日

 利害関係者が懇親して仲良くなって便宜を図ってもらうと言うのは良くある話で,公務においては不公正となるので、これを慎もうと言うのが贈収賄の禁止と言うわけです。そんな簡単なルールも守れず、指摘されても素直に従わない無能な官僚は即刻首にすべきです。なんか情報収集がなんだとか言い訳を言いますが、そんなやつは民間で働けば良いんです。公務員にはそんなやつは一人も必要ないんです。むしろ公正さを守ると言うことが一番重要なわけです。公正さが必要ない仕事は得意の民間まかせにすれば良いんです。飲み会を断らない公務員は最も重要な能力に欠けるので公務員ではあるべきではない、ましてやそれを公けに発言してはばからないなど言語道断で恥を知るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です