新型コロナ対策

投稿者: | 2020年3月29日

 今回の状況を見る限り、政府のパンデミック対策は行われていなかった。何年か前に過剰にパンデミック対策が行われていた時期があったが、なぜかいつの間にか行われていなかった。マスクの備蓄などはどうして行われていなかったのか。イージスアショアや戦闘機や空母なんかよりまずこちらではなかったのか。武器に比べれば費用もそんなに要らないだろうに。安全保障は医療も食料も総合的にやっていないと意味がない。

 コロナが伝染するより速く検査を行えるようになれば制圧が可能になってくると思う。しかし実際には帰国者とその接触者以外は検査してもらえない状態が続いている。武漢で騒ぎになってから2ヵ月になろうと言うのに。重要性を理解し、優秀な官僚が動けばなんとかなると思うのだがあまりに動きが遅いのが大変不思議である。イタリアでは感染者が10万人近くになっているとのことだがそれだけ検査できていると言うことでもある。日本ではなぜできないのだろうか。

 治療病床が足らないと言うことでコントロールされているのではないかと言う話もあるが、少ない治療病床数に合わせて経済を止めると言うのも何週間何か月間できるのかと言う話である。前例のない規模で、武漢のように病院を建てるぐらいの勢いで治療病床を増やすことを進めるべきなのではないだろうか。

 検査体制を整えて感染者把握を完全にコントロールすることで、国民の活動が抑制されない状況まで持って行ってもらいたい。日本はもともと個々人の風邪への対策が割と徹底しているので、インフルエンザ同等の状況まで持って行けるのではないだろうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です