大谷選手とイチロー選手

投稿者: | 2022年5月7日

 大リーグで大谷選手が活躍しています。

 過去、イチロー選手の安打記録が異常に礼賛されていたような気がするのですが、その内容は長打が非常に少ないものでした。先に打つ選手が出塁を優先させる、と言う野球の作戦もありますが、どうもそれともちょっと違う、明らかに安打を製造することだけを優先させて、長打よりも単打を狙っていた感があります。確かに記録としてはすごいものだったようですが、あくまで記録を狙ったもので野球をやった結果ではなかったと思います。

 記録を狙う、と言うことを目標とするのはありだと思います。しかし、あくまで副次的なもので、野球選手は野球をやるのが本道だと思います。もちろん、あくまで、本道は本道、と言うだけで、たくさんの選手がいるなかで、野球をやることよりも記録を優先する選手がいてもおかしなことではないと思います。偉大な記録が評価されるのは正しいとも思います。しかし、当時のイチローへは、まるでこれが野球の本道とでも思わせるような異常な熱狂的礼賛があり、それはちょっとおかしいのではないかと思っていました。

 それは、少々考えすぎかも知れませんが、体格は弱いが、妙に器用で、コツコツやるが、内向的で、時に自分勝手とも思われる、職人とか忍者みたいなやつ、と言ういかにもな日本人のステレオタイプが助長されてしまうのではないかと言う危惧を感じさせるものでした。

 このままなのかと陰鬱な思いでいたところ、大谷選手がすべて吹っ飛ばしてくれました。これが本来の野球でしょう、と言うかむしろ二刀流とかやり過ぎ感がある(笑)。これで危惧していた日本人選手のステレオタイプも払しょくされるのではないかと一安心です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。