侵略も経済もはありえない ロシアの徹底排除を

投稿者: | 2022年3月17日

 ロシアが債務不履行になるかどうかが話題になっているらしい。しかし、すでに利息がロシア外の債権者に渡っていないと言う事態は発生しているらしい。国外送金を禁止する法律が施行されているらしくて、だとすればすでに事実上のデフォルトになっているということではないだろうか。

 それはともかく、そもそも侵略しながらまともな経済活動を行おうと言うのが無理な話。現に国外送金停止とか外貨建て債券の利払いをルーブル払いに変更しようとか不安定にもほどがあるし、そういう不安定さを取引に悪用しようとすることもできちゃうわけです。例えば、株の売りとかコモデティの買いとかをこっそり大量にしかけておいて、侵略を始めればがっぽりと言うわけです。

 ニュースを見ているとキナ臭い感じからポーランド債を米国債に移した、なんて話も出ていて、その「キナ臭い」と言うのはそういうロシアの動きがあった、と言うことかも知れないと。今回もすでにそういう動きがあった、株の売りをかけて侵略した、なんてことがあったのではないかと疑うわけです。

 そうするとやはり経済社会としてはこういうチートを徹底排除する必要があると思います。仮に徹底排除しても抜け道を使ってやってきますのでもうそれは徹底に徹底を重ねて排除するべきです。経済社会がカジノであればロシアはイカサマ師です。これはもう絶対的な入場禁止にしなければ、みんなイカサマ師になってしまいます。干上がって死ぬか、頭がすげ代わるまで徹底的に、やり過ぎ感があるくらいの徹底さで場外へ排除すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。