ロシアの器物損壊と傷害・殺人を許していけない

投稿者: | 2022年3月6日

 ロシアにはウクライナの器物損壊と傷害・殺人について、戦争だなどと言い逃れさせずに完全な損害賠償をさせるべきだと思う。一般市民が殺され、家を壊されている。思えばパレスチナのガザ地区についてもイスラエルに賠償させるべきなんだなと気づく。

 マイクロソフトがロシアで販売をやめたとニュースがあるが、今となってはクレジット決済もできないしルーブルも下落しているので、そりゃそうなるよね、と言う気がするのだが、とは言え、Adobeも任天堂もソニーも、全世界の企業が続いてほしい。ルーブルの価値を0にすることができれば、ロシア経済は崩壊してウクライナ侵攻は止まる。ロシア市民にも犠牲が出てしまうが、それだけのことをロシアはやらかしてしまっている。ロシア市民もウクライナ侵攻を止めるよう動いてほしい。日本はロシアに漫画もアニメも売らず、コミケの入場も禁止して欲しい。サケもイクラも買わないで欲しい。今回の事件は重大である。5年10年のスパンでロシアに制裁を与えることも仕方ない、ツンドラに幽閉するつもりでやるしかない。ロシアは、プーチンは市民を舐め過ぎている。5年10年制裁が続き、国力が10分の1になるぐらいの罰を与えて、骨身に沁みて思い知らせるべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。