イタリア慈善団体が日本人表彰 正統マルタ騎士団と別

投稿者: | 2022年3月12日

「イタリア慈善団体が日本人表彰
正統マルタ騎士団と別

2022/3/12 07:34 (JST)
© 一般社団法人共同通信社

 ローマに本部を置く「マルタ騎士団」を名乗る団体が、日本人2人に「ナイト(騎士)」の称号を贈ると明らかにしたが、この団体はローマ教皇庁(バチカン)が正統性を認め、国連のオブザーバーも務める「マルタ騎士団」とは別団体であることが分かった。バチカン国務省が11日、明らかにした。

 バチカンによると、マルタ騎士団を自称する団体は複数あり、それぞれ慈善活動を行っているという。日本人への授与を決めた団体の広報担当者は、共同通信の取材に当初、バチカンに認められた組織だと説明していたが、11日になって別団体であると認めた。

 11日午前に共同通信が配信した記事「日本人初『ナイト』誕生」には誤りがあった。」

元の配信記事も見ていたが、結局調べれば分かることなのに共同通信社は罪深い。マッチポンプと言うか自作自演であるし。

 そもそも称号授与を報道することが間違っている。日本で認知のない称号の授与を報道することは、称号に権威をつけるだけである。そういう団体はそういう効果を狙って報道発表している。元々称号に権威があるならば、称号を持っている人が記事に出てきたときに持っている称号をプロフィールとして紹介するだけで良いではないか。遠い日本でいちいち授与まで報道する必要はない。称号授与は基本的に一切報道しないべきである。

 過去にもこういう事件はあって、さも権威があるように装って来るのは既知の問題なのに、なぜ共同通信は安易にひっかかっているのか。団体に馬鹿にされていると言うか、ただ単に馬鹿だからなのか。誰にも怒られないから平気で間違ったことをやって反省もしない。報道が委縮しては困るので法的な刑罰を与えよとは言わないが、それこそ報道監査団体を作って、誤報道事例集を作って、こんな間違いがありました、と年一回発表して報道するとかしてくれないと、本当にどうしようもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。