tomcat のインストール

投稿者: | 2014年6月12日

 

  • tomcat がインストールされていないか確認

まず、インストールする環境に tomcat がインストールされていないか確認します。

関係ない場合は飛ばしてください。

yum list installed | grep tomcat

これでなんか出て来るようだったらパッケージでインストールされていると思われるので、入れ直したい場合は削除しましょう。

 

JREのインストール

既存の Java の確認。

java -version

yum list installed | grep jre

アップデートでも以下のインストール手順で可能です。

Java SE Downloadsのページからダウンロード

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

Java8 もありますが、とりあえず Java7 で。

JRE の Linux の x64用の拡張子 rpm のファイルをダウンロードします。

jre-7u60-linux-x64.rpm をダウンロードしました。

WinSCP でサーバにコピーします。

とりあえず /root/ にコピーします。

yum localinstall --nogpgcheck jre-7u60-linux-x64.rpm

 

Tomcatのインストール

yum でインストールしたいところですが、rpm は tomcat のサイトでは提供されておらず、ディストリビューションのレポジトリにしかないのですが、最新バージョンはレポジトリにないのでコンパイルされたバイナリを tomcat のサイトからダウンロードします。

http://tomcat.apache.org/

からプログラムをダウンロードします。

「Binary Distributions」の「Core」の「tar.gz」 をダウンロードします。

apache-tomcat-7.0.54.tar.gz

をダウンロードしました。

Tomcat管理ユーザの作成

Tomcatをroot権限で実行するのはよろしくないので、実行専用のユーザtomcatアカウントを作成します。
ログインシェルに/sbin/nologinを指定して普通のログインユーザとしては使えないようにしておきます。

useradd -s /sbin/nologin tomcat

インストール作業

mv apache-tomcat-7.0.54.tar.gz /usr/local
cd /usr/local
tar xvzf apache-tomcat-7.0.54.tar.gz
chown -R tomcat:tomcat apache-tomcat-7.0.54
ln -s apache-tomcat-7.0.54 tomcat

アップデートの場合は、

ln -snf apache-tomcat-7.0.54 tomcat

/etc/profileの最後に追加

JRE_HOME=/usr/java/default
CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
export JRE_HOME CATALINA_HOME

/etc/init.d/tomcat を作成

#!/bin/bash
#
# Startup script for the Tomcat Servlet Container
#
# chkconfig: 2345 35 65
# description: Tomcat is the servlet container that is used in the official 
#              Reference Implementation for the Java Servlet and JavaServer 
#              Pages technologies

TOMCAT_USER=tomcat
CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat

. /etc/rc.d/init.d/functions
prog=tomcat

start() {
    echo -n $"Starting $prog: "
    daemon --user $TOMCAT_USER $CATALINA_HOME/bin/startup.sh > /dev/null
    RETVAL=$?
    if [ $RETVAL -eq 0 ]; then
        echo_success
    else
        echo_failure
    fi
    echo
    [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/$prog
    return $RETVAL
}
stop() {
    echo -n $"Stopping $prog: "
    daemon --user $TOMCAT_USER $CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh > /dev/null
    RETVAL=$?
    if [ $RETVAL -eq 0 ]; then
        echo_success
    else
        echo_failure
    fi
    echo
    [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/$prog
    return $RETVAL
}

# See how we were called.
case "$1" in
  start)
    start
    ;;
  stop)
    stop
    ;;
  restart)
    stop
    start
    ;;
  status)
    INSTANCES=`ps --columns 512 -aef|grep java|grep tomcat|grep org.apache.catalina.startup.Bootstrap|wc -l`
    if [ $INSTANCES -eq 0 ]; then
        echo $prog is stopped
        RETVAL=3
    else
        if [ $INSTANCES -eq 1 ]; then
            echo $prog is running 1 instance...
        else
            echo $prog is running $INSTANCES instances...
        fi
        RETVAL=0
    fi
    ;;
  *)
    echo $"Usage: $prog {start|stop|restart|status|help}"
    exit 1
esac

exit $RETVAL

実行権限を付けます。

cd /etc/init.d
chmod +x tomcat

chkconfig に tomcat を追加します。
service コマンドでコントロールできるようになります。

tomcat を起動します。

cd /etc/init.d
./tomcat start

service コマンドでも可能です。

service tomcat start

tomcat 画面を見てみます。
http://(サーバのIP):8080/

tomcat 管理画面を使えるようにアカウントを追加します。

vi /usr/local/tomcat/conf/tomcat-users.xml

</tomcat-users>

の前に以下の内容の行を追加して、パスワードを設定します。

<role rolename=”manager-gui”/>
<user username=”tomcat” password=”(パスワード)” roles=”manager-gui”/>


tomcat をリスタートします。

service tomcat restart

管理画面にログインできるようになったか確認します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.