Eclipse に Android SDK を追加する

投稿者: | 2014年6月27日

インストールした Eclipse (Pleiades) に Android の開発環境を追加します。

 

Android SDK のインストール

以下のサイトから Android SDK をダウンロードします。

http://developer.android.com/sdk/index.html

「GET THE SDK FOR AN EXISTING IDE」

をクリックします。

 androidsdk_01

「Download the stand-alone Android SDK Tools for Windows」ボタンを押します。

installer_r23-windows.exe をダウンロードしました。

実行します。

androidsdk_02

JDK をインストールしていないときはインストールする必要があるようです。

androidsdk_03

ユーザの選択…ユーザ別にはしませんでした。

androidsdk_04

以降、デフォルトでどんどん進めばインストールが始まります。

最後に 「Android SDK Manager を起動する」にチェックが入っているので、Android SDK Manager が起動します。もし、チェックを外していたらスタートメニューの Android SDK Tools→SDK Manager で起動します。

インストールするパッケージを選択します。どのバージョンの Android の開発をするかによって、バージョンを選択します。デフォルトに4.2.2 を追加で選択しました。

 「Install (パッケージ数) Packages…」ボタンをクリック。

ライセンスへの同意があるのでこれも同意(Accept Licenseを選択)して「Install」ボタンを押すとダウンロードが始まります。

「Done loading packages」と表示されたらダウンロード終了なので閉じます。

 

Eclipse 側のインストール

メニュー→ヘルプ→新規ソフトウェアのインストール

「インストール」ダイアログが表示されるので、

「作業対象」に、

http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ と入力してエンター。

「開発ツール」にチェックして進めると、ライセンスへの同意があるのでこれも同意してすすめるとダイアログが閉じられます。

何も始まらないのでもう終わったのか、と思ったら…

androidsdk_05

下にインストール実行ステータスが出始めたのでこれ待ちで。

終わったら Eclipse を再起動します。

もし以下のようなダイアログが出たら、「SDK マネージャーを開く」ボタンを押してインストール。

androidsdk_06 

  

インストールすると Android 関係のツールバーボタンやメニューが出て来るようになるはずなのですが、出ない場合は、

ウインドウ→パースペクティブのカスタマイズ

パースペクティブのカスタマイズウインドウが表示されます。

「コマンド・グループ可用性」タブを選んで、「Android SDK および AVD マネージャー」にチェックを入れる、と表示されるようになります。

 

 あと、もしなんらかにより Android SDK のパスが個人別になってしまっている場合は、

メニュー→ウィンドウ→設定

設定ダイアログが表示。

Android の SDK ロケーションを変更してください。

C:Usersユーザ名android-sdks

C:Program Files (x86)Androidandroid-sdk

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.