Android 開発エミュレータを設定する

投稿者: | 2014年6月28日

Android 開発エミュレータの設定は AVD Manager で行います。

 

スタートメニューの Android SDK Tools→AVD Manager

Eclipse であれば、

メニュー→ウィンドウ→Android 仮想デバイス・マネージャー

で起動します。

androidshl22_01

「作成…」ボタンを押します。

androidshl22_02

持っているのがSHL22 なのでこれに近い設定にしてみます。

AVD名:SHL22Virtual

装置:スキンを選ぶと無選択になります

ターゲット:Android 4.2.2 – API Level 17

CPU/ABI:ARM(armeabi-v7a)

スキン:WXGA720

その他はとりあえずデフォルトで「OK」。

 

Android 仮想デバイス・マネージャーで登録した AVD を選択して「開始…」

「起動オプション」ダイアログが表示されるので「起動」

エミュレーターが表示されます。

androidshl22_03

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.